コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パフラビー文学 パフラビーぶんがくPahlavī literature

2件 の用語解説(パフラビー文学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パフラビー文学
パフラビーぶんがく
Pahlavī literature

古代イランササン朝の公用語パフラビー語 (中世ペルシア語) による文学。作品の大半は散逸し,現存作品は近世ペルシア語の作品に比べてきわめて少い。作品は,ゾロアスター教に関する宗教作品とその他に分類される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パフラビー文学
ぱふらびーぶんがく

ペルシア・ササン朝の公用語パフラビー語Pahlavで書かれた文学。パフラビー語は古代ペルシア語と近世ペルシア語の中間に位し、中世ペルシア語ともよばれる。パフラビー語は紀元前300年アルサケス朝からササン朝を経てイスラム期9世紀ごろまで用いられ、現存する作品はゾロアスター教関係の宗教文献が大半を占める。ほかに非宗教文献として教訓、歴史などに関する作品もあるがきわめて少ない。宗教関係の主要文献としては、ゾロアスター教聖典『アベスタ』の翻訳・注釈書『ザンド』をはじめ、9世紀に書かれた『デーンカルド』(聖教事典)、『ブンダヒシュン』(創造の書)がとくに著名で、ほかに『ザートスプラム撰集(せんしゅう)』『マヌシュチフル書簡集』『断疑論』『判決の書』『パフラビー・リバーヤト』などがある。非宗教文献としては『ザレールの回想』、ササン朝の創設者の伝記について7世紀に書かれた『バーバグの子アルダクシールの行伝』『将棋書』などが知られる。以上のほか『千夜一夜物語』の原形や、『カリーラとディムナ』『シャー・ナーメ』などが書かれ、アラビア語に翻訳されたが、原典はいずれも散逸し、訳書が現存するにすぎない。[黒柳恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone