原典(読み)げんてん

精選版 日本国語大辞典「原典」の解説

げん‐てん【原典】

〘名〙 もとになる書物。よりどころにする書物。引用や翻訳などのもとになった書物。原書原本
※読書と人生(1942)〈三木清哲学はやさしくできないか「解説書よりも原典が結局わかり易いといふことは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「原典」の解説

げん‐てん【原典】

引用や翻訳などのよりどころになる、もとの文献。「原典を引用する」
[類語]異本写本類書流布本海賊版底本原本原書テキストオリジナル原作出典典拠種本抄本校本定本

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android