原典(読み)げんてん

精選版 日本国語大辞典「原典」の解説

げん‐てん【原典】

〘名〙 もとになる書物。よりどころにする書物。引用や翻訳などのもとになった書物。原書原本
※読書と人生(1942)〈三木清哲学はやさしくできないか「解説書よりも原典が結局わかり易いといふことは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android