コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パライカストロ Palaikastro

世界大百科事典 第2版の解説

パライカストロ【Palaikastro】

クレタ島東岸にあるミノス文明時代の遺跡。小さい湾をひかえた,初期ミノス時代から東方貿易によって興った町で,後期ミノス時代に最も栄え,20世紀になって組織的にその町並みが発掘された。町は数条の広い通りと多くの小路によってブロックに分けられ,道にそって家々が並んでいた。面積約5万m2。しかしこの遺跡は,第2次世界大戦でひどく破壊された。この町に近いペツォファの山頂からは,奉納の小土偶が多く発掘されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

パライカストロの関連キーワード線文字A

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android