コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラゴム

大辞林 第三版の解説

パラゴム

パラゴムの木から採取される生ゴムの一種。アマゾン川河口のパラ(Pará)港(現名、ベレン)から輸出されたことからいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のパラゴムの言及

【ベレン】より

…とりわけ19世紀末から20世紀初頭にかけてのゴム採取産業の最盛期に繁栄。ここから輸出された天然ゴムは,旧名によってパラゴムと呼ばれる。現在でもゴム,ジュート,コショウ,木材の輸出が多い。…

※「パラゴム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

パラゴムの関連キーワードマニホットゴムノキトウダイグサ科インドゴムの木インドゴムノキパラゴムの木合成ゴム工業樹液料作物ラテックスボリビアゴム工業有用植物工芸作物ゴム植物ゴムノキ作物樹液ゴム

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android