コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラミオシン paramyosin

世界大百科事典 第2版の解説

パラミオシン【paramyosin】

軟体動物などの無脊椎動物の筋肉の構造タンパク質。二枚貝の閉殻筋などは大きな力を長時間発生しながら疲労せずに短縮状態を保つ能力をもっているが,これらの筋肉ではパラミオシン含量が高く,50%に達するものがある。長さ133nm,直径2nmの細長い,分子量約22万の棒状分子。大部分がα‐らせん構造の2本の同一ポリペプチド鎖から成る。規則正しい棒状会合体を形成し,そのまわりにミオシンを結合して筋肉の太いフィラメントを構築する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android