コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パルカエ Parcae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パルカエ
Parcae

古代ローマの運命の女神たち。ギリシア神話モイライと同一視され,糸を紡ぐ姿に表わされることが多い。3柱で,ラテン語名はそれぞれ,ノナ,デキマ,モルタと呼ばれ,人間の出生,結婚,死を司るとされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のパルカエの言及

【モイラ】より

…彼女たちはひとりひとりの人間について,人生のさまざまのできごとから寿命にいたるまで,運命のすべてをその誕生時に定めると考えられ,クロトが運命の糸をつむぎ出し,ラケシスが運命を割り当て,アトロポスが死の瞬間にその糸を断ち切るとされた。ローマ神話では,もともとお産の女神であったパルカParcaがモイラと同一視された結果,やはり3人の女神とされて,その複数形でパルカエParcaeと呼ばれている。【水谷 智洋】。…

※「パルカエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android