コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パルトニー橋 パルトニーばし

1件 の用語解説(パルトニー橋の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

パルトニーばし【パルトニー橋】

イギリスのイングランド西部の港町ブリストル(Bristol)から内陸へ約24km、温泉の町として知られるバース(Bath)にある、3スパンの石造のアーチ橋。地元の地主ウィリアム・パルトニーが市街地川向こうの地区を開発するため、ロバートアダムの設計により1774年に建造された。この石橋の最大の特徴は、橋の上部の両側に建物があることである。バース駅からメインストリートを歩くと、右手に庭園、左手にバースアビィ(教会)があり、その先にこの橋が架かっているが、通りから見ると店舗の並ぶ普通の道のように見える。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パルトニー橋の関連キーワードイギリス東インド会社イギリス国教会イギリスオランダ戦争デボンイギリス巻ブリストル大聖堂マレイグブリスの日Hastingsイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone