コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パルナソス山 パルナソスさんÓros Parnassós

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パルナソス山
パルナソスさん
Óros Parnassós

ギリシア,バルカン半島部南部にある山地。ピンドス山脈の南端から南東に続く石灰岩山地で,最高点 2457m。古代には聖山とされ,南西麓にアポロンの神域デルフィ (古代名デルフォイ) があり,デルフィと山頂との間にはニンフと牧神パンを祀るコリキアの洞穴がある。またデルフィの背後の山の岩壁に湧出するカスタリアの泉から多くの霊感を得たローマの詩人たちには,エリコン (同ヘリコン) 山よりもむしろこの山がムーサイ (ミューズ) の住み家と考えられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

パルナソス山の関連キーワードシフノス人の宝庫アテネ人の宝庫アポロン神殿エリコン山ケフィソスロクロイ人ドーリス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android