霊感(読み)れいかん

デジタル大辞泉の解説

れい‐かん【霊感】

神仏が示す霊妙な感応。また、神仏が乗り移ったようになる人間の超自然的な感覚。霊的なものを感じとる心の働き。「失(う)せ物を霊感で当てる」「霊感が現れる」「霊感商法」
突然ひらめく、すばらしい着想・考え。インスピレーション。「霊感が働く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

れいかん【霊感】

突然わきあがる直観的創造的なひらめき。インスピレーションinspirationと同義。睡眠中,半睡時,ぼんやりしている時など,意識活動の低下している時に起こりやすいといわれる。これにより発明発見や創作のヒントを得たと語る発明家,学者,芸術家も少なくない。霊感と総称されるものの中には,質的に異なる現象がいくつか含まれていると考えられ,その本態については明確ではないが,超感覚的知覚(ESP)の混入している場合もあると思われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

れいかん【霊感】

霊的なものを感ずる不思議な感覚。インスピレーション。
神仏の不思議な感応。霊応。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

れい‐かん【霊感】

〘名〙
神仏が示す霊妙な感応。不可思議な感応。
※東寺百合文書‐り・寛仁二年(1018)五月一三日・讚岐善通寺司解案「其霊感尤掲焉也」 〔張説‐奉和聖製喜雪応制詩〕
② (inspiration の訳語) 神仏がのりうつったような感じ。人間の精神が感じとる霊妙な感応。神来。インスピレーション。
※姉弟と新聞配達(1923)〈犬養健〉二「芸術的な霊感とはおよそ反対な空気がムッと顔を突いて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の霊感の言及

【勘】より

…心理学者黒田亮は通俗的に用いられる勘の語義として,次のようなものを挙げた。直覚,いわゆる〈第六感〉,虫の知らせ,無意識および下意識,練習による機械化や自動化,技神に入るの妙,神徠(しんらい),霊感,悟り,禅,三昧(ざんまい),以心伝心,手加減,こつ,呼吸,手心。黒田によれば心理学は自内証(体験)の事実を記述する学とされ,自内証の事実には識(ほぼ意識に相当する)と覚の2方面があるとされた。…

※「霊感」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

霊感の関連情報