コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊感 レイカン

デジタル大辞泉の解説

れい‐かん【霊感】

神仏が示す霊妙な感応。また、神仏が乗り移ったようになる人間の超自然的な感覚。霊的なものを感じとる心の働き。「失(う)せ物を霊感で当てる」「霊感が現れる」「霊感商法」
突然ひらめく、すばらしい着想・考え。インスピレーション。「霊感が働く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

れいかん【霊感】

突然わきあがる直観的創造的なひらめき。インスピレーションinspirationと同義。睡眠中,半睡時,ぼんやりしている時など,意識活動の低下している時に起こりやすいといわれる。これにより発明発見や創作のヒントを得たと語る発明家,学者,芸術家も少なくない。霊感と総称されるものの中には,質的に異なる現象がいくつか含まれていると考えられ,その本態については明確ではないが,超感覚的知覚(ESP)の混入している場合もあると思われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

れいかん【霊感】

霊的なものを感ずる不思議な感覚。インスピレーション。
神仏の不思議な感応。霊応。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

霊感
れいかん

インスピレーション」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の霊感の言及

【勘】より

…心理学者黒田亮は通俗的に用いられる勘の語義として,次のようなものを挙げた。直覚,いわゆる〈第六感〉,虫の知らせ,無意識および下意識,練習による機械化や自動化,技神に入るの妙,神徠(しんらい),霊感,悟り,禅,三昧(ざんまい),以心伝心,手加減,こつ,呼吸,手心。黒田によれば心理学は自内証(体験)の事実を記述する学とされ,自内証の事実には識(ほぼ意識に相当する)と覚の2方面があるとされた。…

※「霊感」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

霊感の関連キーワードネーサン(Robert Nathan)世界基督教統一神霊協会ファンダメンタリズムチャンドス卿の手紙プリミティブアートアンドレ リショーエクス・レ・バンララビンサンジル朝日ジャーナルインスパイアーキルンベルガーパルナッソス山イェルザレム大石礙真素美マルチェロヘリコン山藤田小女姫ビバルディ開運商法瞑想詩集

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

霊感の関連情報