コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パロマガス湯沸かし器事故 ぱろまがすゆわかしきじこ

1件 の用語解説(パロマガス湯沸かし器事故の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

パロマガス湯沸かし器事故

2006年7月、パロマ工業製のガス湯沸かし器の事故により、1985年1月〜05年11月に21人の一酸化炭素中毒死亡が判明。警察・経済産業省の調べで明らかになった。同社と親会社のパロマは発覚当初、事故原因は安全装置の不正改造だと説明したが、後に機器の老朽化による事故もあったことを認め、会社トップも15年前から事故発生を知っていたと明言し、自社の責任を認めた。経済産業省は06年8月、パロマ工業に消費生活用製品安全法に基づく製品回収の緊急命令を発した。

(篠崎悦子 ホームエコノミスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パロマガス湯沸かし器事故の関連キーワード消費者被害救済制度ガス湯沸し器瞬間湯沸し器パロマ湯沸しパロマグループパロマ工業製ガス湯沸かし器事故東京都港区の湯沸かし器死亡事故パロマ工業製湯沸かし器による中毒事故パロマ工業製湯沸かし器による一酸化炭素中毒事故

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone