コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安全装置 あんぜんそうちsafety device

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安全装置
あんぜんそうち
safety device

機械,器具その他の設備に取付けて作業の安全をはかり,機械,設備などの破損や労働者の傷害,中毒などの危害を防止することを目的とした装置。動力急停止装置,インターロック,リミット・スイッチエレベータのセーフティキャッチ,木工用機械のこぎりの割り刃および接触防止装置,安全弁,水封安全器,爆発ベント,コンプレッサの圧力制限装置,漏電遮断装置,過電流自動遮断器などがある。安全のための柵囲い,防護カバーなどの防護装置も安全装置の一種である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あんぜん‐そうち〔‐サウチ〕【安全装置】

機械・器具類に取り付けて、不注意などによる危険が生じないようにする装置。銃の暴発を防ぐ装置など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あんぜんそうち【安全装置】

不注意や誤操作によって起こる危険を防ぐため、機器に設ける装置。銃器の暴発防止装置など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の安全装置の言及

【エレベーター】より

…現在の形式のように,ロープでかごをつる方式は,ロープが切断した際の安全性の問題からなかなか実用に至らなかった。1853年アメリカのE.G.オーチスは,ロープの張力が緩んだり切断したとき,ガイドレールを把持する安全装置を備えた蒸気動力のエレベーターを,ニューヨークの万国博覧会に出品してその安全性を実証し,エレベーター普及の道を開いた。電動機駆動のエレベーターは80年ごろから実用化され,90年代半ばには押しボタンによる運行制御も採用され出した。…

※「安全装置」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

安全装置の関連キーワードオーティス(Elisha Graves Otis)パロマ工業製ガス湯沸かし器事故東京都港区の湯沸かし器死亡事故ボパールの有毒ガス流出事故パロマガス湯沸かし器事故リスク細分型自動車保険安全かみそり(剃刀)セーフティーネット歩行者用エアバッグクラッシュパッドかみあいクラッチ緊急炉心冷却装置石油機器点検の日スカイダイビングダムウェーター九四式将校拳銃セーフガードCNWDIエアバッグストッパー

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安全装置の関連情報