コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安全装置 あんぜんそうち safety device

3件 の用語解説(安全装置の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安全装置
あんぜんそうち
safety device

機械,器具その他の設備に取付けて作業の安全をはかり,機械,設備などの破損や労働者の傷害,中毒などの危害を防止することを目的とした装置。動力急停止装置,インターロック,リミット・スイッチエレベータセーフティキャッチ,木工用機械のこぎりの割り刃および接触防止装置,安全弁,水封安全器,爆発ベントコンプレッサの圧力制限装置,漏電遮断装置,過電流自動遮断器などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あんぜん‐そうち〔‐サウチ〕【安全装置】

機械・器具類に取り付けて、不注意などによる危険が生じないようにする装置。銃の暴発を防ぐ装置など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あんぜんそうち【安全装置】

不注意や誤操作によって起こる危険を防ぐため、機器に設ける装置。銃器の暴発防止装置など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の安全装置の言及

【エレベーター】より

…現在の形式のように,ロープでかごをつる方式は,ロープが切断した際の安全性の問題からなかなか実用に至らなかった。1853年アメリカのE.G.オーチスは,ロープの張力が緩んだり切断したとき,ガイドレールを把持する安全装置を備えた蒸気動力のエレベーターを,ニューヨークの万国博覧会に出品してその安全性を実証し,エレベーター普及の道を開いた。電動機駆動のエレベーターは80年ごろから実用化され,90年代半ばには押しボタンによる運行制御も採用され出した。…

※「安全装置」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

安全装置の関連キーワード工場財団フロート有人設備資本超弩級艦取付ける電気機械工業機械器具設置工事(建設業許可の一種)建具工事(建設業許可の一種)取付工事

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安全装置の関連情報