コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンコール協約 パンコールきょうやく

世界大百科事典 第2版の解説

パンコールきょうやく【パンコール協約】

イギリスのマラヤ支配のきっかけとなった協約。イギリスとペラ王国の有力者たちとの間で1874年に結ばれた。19世紀後半マラヤにはいくつもの小王国が分立し,これにスズ鉱山の中国人労働者の間に組織されたいくつかの秘密結社の間の闘争がからんで内紛が絶えなかった。それまで現地不介入の方針を堅持していたイギリスは,1873年9月に積極的に介入する方針に転換し,クラークAndrew Clarke(1824‐1902)を海峡植民地知事に任命した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

パンコール協約の関連キーワードフランク・A. スウェッテナムスウェッテナムイギリスバーチ

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android