コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンコール協約 パンコールきょうやく

1件 の用語解説(パンコール協約の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

パンコールきょうやく【パンコール協約】

イギリスのマラヤ支配のきっかけとなった協約。イギリスとペラ王国の有力者たちとの間で1874年に結ばれた。19世紀後半マラヤにはいくつもの小王国が分立し,これにスズ鉱山の中国人労働者の間に組織されたいくつかの秘密結社の間の闘争がからんで内紛が絶えなかった。それまで現地不介入の方針を堅持していたイギリスは,1873年9月に積極的に介入する方針に転換し,クラークAndrew Clarke(1824‐1902)を海峡植民地知事に任命した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone