コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンコール協約 パンコールきょうやく

世界大百科事典 第2版の解説

パンコールきょうやく【パンコール協約】

イギリスのマラヤ支配のきっかけとなった協約。イギリスとペラ王国の有力者たちとの間で1874年に結ばれた。19世紀後半マラヤにはいくつもの小王国が分立し,これにスズ鉱山の中国人労働者の間に組織されたいくつかの秘密結社の間の闘争がからんで内紛が絶えなかった。それまで現地不介入の方針を堅持していたイギリスは,1873年9月に積極的に介入する方針に転換し,クラークAndrew Clarke(1824‐1902)を海峡植民地知事に任命した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パンコール協約の関連キーワードフランク・A. スウェッテナムスウェッテナムイギリスバーチ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android