コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンプローナ大聖堂 パンプローナダイセイドウ

1件 の用語解説(パンプローナ大聖堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

パンプローナ‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【パンプローナ大聖堂】

Catedral de Santa María de Pamplona》スペイン北東部、ナバラ州の都市パンプローナにあるゴシック様式の大聖堂。正式名称はサンタマリア‐デ‐パンプローナ大聖堂。14世紀から15世紀にかけて建造。正面入口は18世紀末に作られたもので、バロック様式新古典主義様式が混在する。ナバラカルロス3世と妃の墓がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

パンプローナ大聖堂の関連キーワードサンタフェサンタトラッカーカテドラル山サンタマリア門サンタイサベル山ルシアナイト真珠珪華丸尾歩Katsuyoサンタ・ビットリアの秘密

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone