コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーアルカリ型 パーアルカリかたperalkaline type

岩石学辞典の解説

パーアルカリ型

以前には准長石が多い一連の岩石のことであったが,その後シャンドによる岩石の分類では,Al2O3<(Na2O+K2O)の場合をパーアルカリ型と呼んだ.この型の岩石にはアルカリ(一般にNa)が多く含まれ,長石や准長石が形成されてもなお過剰のアルカリが存在する.このアルカリ成分がFe, Ti, などと共に結合したNa-輝石やNa-角閃石,Ti-珪酸塩鉱物などを形成する.その例にはエジル輝石,リーベック閃石,アルベソン閃石,エニグマタイト,ユーディアライト,などの鉱物がある.これらの鉱物はこれ以外の条件では火成岩にはほとんど産出しない.[Winchell : 1913, Shand : 1949].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android