コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーアルカリ型 パーアルカリかたperalkaline type

岩石学辞典の解説

パーアルカリ型

以前には准長石が多い一連の岩石のことであったが,その後シャンドによる岩石の分類では,Al2O3<(Na2O+K2O)の場合をパーアルカリ型と呼んだ.この型の岩石にはアルカリ(一般にNa)が多く含まれ,長石や准長石が形成されてもなお過剰のアルカリが存在する.このアルカリ成分がFe, Ti, などと共に結合したNa-輝石やNa-角閃石,Ti-珪酸塩鉱物などを形成する.その例にはエジル輝石,リーベック閃石,アルベソン閃石,エニグマタイト,ユーディアライト,などの鉱物がある.これらの鉱物はこれ以外の条件では火成岩にはほとんど産出しない.[Winchell : 1913, Shand : 1949].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android