コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

珪酸塩鉱物 ケイサンエンコウブツ

大辞林 第三版の解説

けいさんえんこうぶつ【珪酸塩鉱物】

ケイ素を中心としたケイ素酸素四面体を基本にもつ一群の鉱物。地殻を形成する鉱物の大部分を占める。橄欖石かんらんせき・輝石・角閃石かくせんせき・雲母・長石・石英など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

珪酸塩鉱物
けいさんえんこうぶつ
silicate minerals

結晶構造の基本単位として、SiO4四面体(中心にケイ素をもち4個の酸素が四面体の頂点に位置する)が存在する鉱物。珪酸塩鉱物の分類はこの四面体の結合の仕方によって行われ、次の6種類に大別される。
(1)ネソ珪酸塩鉱物nesosilicates(オルト珪酸塩鉱物) 基本基として独立の四面体、SiO4を含む(ざくろ石、橄欖(かんらん)石など)。
(2)ソロ珪酸塩鉱物sorosilicates 基本基として独立の2個~4個の四面体が一つの頂点を共有したもの。たとえばSi2O7を含む(ローソン石、異極鉱など)。
(3)シクロ珪酸塩鉱物cyclosilicates(環状珪酸塩鉱物) 基本基としてリング状に結合した四面体、たとえば3個のSi3O9、4個のSi4O12、6個のSi6O18などを含む(緑柱石、電気石など)。
(4)イノ珪酸塩鉱物inosilicates(鎖状珪酸塩鉱物) 四面体が一方向に伸びた鎖状の結合をしている。単鎖(輝石類、珪灰石など)、複鎖(角閃(かくせん)石類など)、三鎖、複鎖と三鎖の両方を含むものなどがある。
(5)フィロ珪酸塩鉱物phyllosilicates(層状珪酸塩鉱物) 四面体が平面的に結合したもの(雲母(うんも)類、緑泥石類など)。
(6)テクト珪酸塩鉱物tectosilicates(網状珪酸塩鉱物) 三次元的に四面体が結合したもの(長石類、沸石類など)。
 珪酸塩鉱物は、地殻を構成する重要な鉱物を含み、いろいろな地質環境のもとで生成される。現在1000種類以上が知られている。多くの珪酸塩鉱物は資源として重要な位置を占め、とくに粘土鉱物、長石類、雲母類、紅柱石、珪灰石、滑石、蛇紋石はよく使用される。またベリリウム、ジルコニウム、ハフニウム、トリウムなどの元素の原料となる鉱物もある。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

珪酸塩鉱物の関連キーワードチェルマク(Gustav von Seysenegg Tschermak)シリコカーボナタイトヒューモシリケイトスカポライト化作用トプフシュタインカルククロム・チャート含鉄ラテライトカルシファイアシリコテリックシリコテライト高温変成作用マルモライト絹雲母化作用スカルン鉱物ソーダ珪灰石タンザナイト緑マンガン鉱珪ニッケル鉱メタクラシス

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android