珪酸塩鉱物(読み)ケイサンエンコウブツ

大辞林 第三版の解説

けいさんえんこうぶつ【珪酸塩鉱物】

ケイ素を中心としたケイ素酸素四面体を基本にもつ一群の鉱物。地殻を形成する鉱物の大部分を占める。橄欖石かんらんせき・輝石・角閃石かくせんせき・雲母・長石・石英など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

珪酸塩鉱物
けいさんえんこうぶつ
silicate minerals

結晶構造の基本単位として、SiO4四面体(中心にケイ素をもち4個の酸素が四面体の頂点に位置する)が存在する鉱物。珪酸塩鉱物の分類はこの四面体の結合の仕方によって行われ、次の6種類に大別される。
(1)ネソ珪酸塩鉱物nesosilicates(オルト珪酸塩鉱物) 基本基として独立の四面体、SiO4を含む(ざくろ石、橄欖(かんらん)石など)。
(2)ソロ珪酸塩鉱物sorosilicates 基本基として独立の2個~4個の四面体が一つの頂点を共有したもの。たとえばSi2O7を含む(ローソン石、異極鉱など)。
(3)シクロ珪酸塩鉱物cyclosilicates(環状珪酸塩鉱物) 基本基としてリング状に結合した四面体、たとえば3個のSi3O9、4個のSi4O12、6個のSi6O18などを含む(緑柱石、電気石など)。
(4)イノ珪酸塩鉱物inosilicates(鎖状珪酸塩鉱物) 四面体が一方向に伸びた鎖状の結合をしている。単鎖(輝石類、珪灰石など)、複鎖(角閃(かくせん)石類など)、三鎖、複鎖と三鎖の両方を含むものなどがある。
(5)フィロ珪酸塩鉱物phyllosilicates(層状珪酸塩鉱物) 四面体が平面的に結合したもの(雲母(うんも)類、緑泥石類など)。
(6)テクト珪酸塩鉱物tectosilicates(網状珪酸塩鉱物) 三次元的に四面体が結合したもの(長石類、沸石類など)。
 珪酸塩鉱物は、地殻を構成する重要な鉱物を含み、いろいろな地質環境のもとで生成される。現在1000種類以上が知られている。多くの珪酸塩鉱物は資源として重要な位置を占め、とくに粘土鉱物、長石類、雲母類、紅柱石、珪灰石、滑石、蛇紋石はよく使用される。またベリリウム、ジルコニウム、ハフニウム、トリウムなどの元素の原料となる鉱物もある。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

けいさんえん‐こうぶつ ‥クヮウブツ【珪酸塩鉱物】

〘名〙 珪酸の塩に相当する組成の物質。岩石を構成する鉱物は大部分珪酸塩である。長石、雲母、ザクロ石、輝石、角閃石など、種類はきわめて多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android