コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パークス法 パークスほう Parkes process

1件 の用語解説(パークス法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パークス法
パークスほう
Parkes process

鉛の精錬法の一種。鉛の溶鉱炉製錬で得られる粗鉛は金銀銅をかなり含むので,鉄鍋で溶かして銅が浮くのを待ってすくい取り,残った鉛は一度空気を吹込んで残りのスズ,アンチモンなどの不純物を酸化して鉱滓として除く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のパークス法の言及

【鉛】より

…周期表元素記号=Pb 原子番号=82原子量=207.2地殻中の存在度=12.5ppm(35位)安定核種存在比 204Pb=1.40%,206Pb=25.1%,207Pb=21.7%,208Pb=52.3%融点=327.5℃ 沸点=1744℃比重=11.3437(16℃)水に対する溶解度=3.1×10-4g/l(24℃)電子配置=[Xe]4f145d106s26p2おもな酸化数=II,IV周期表第IVA族に属する金属元素。…

※「パークス法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パークス法の関連キーワード乾式製錬湿式製錬溶鉱炉粗銅溶鉱炉・鎔鉱炉廃ガスБеловоISP法生鉱吹取鍋精錬法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone