コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パース・キンロス Perth and Kinross

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パース・キンロス
Perth and Kinross

イギリススコットランド中部の単一自治体(カウンシルエリア council area)。行政府所在地パース。1975年の自治体再編でテーサイド県の一地区となり,1996年に単一自治体となった。旧キンロスシャー県全域,旧アンガス県の一部,旧パースシャー県の大部分からなる。北海に臨むテー湾に面する。テー川下流の海岸平野を除くと山がちで,1000m級の山岳地帯に深い峡谷が刻まれ,氷食湖がリボン状に連なっており,森林の多くは森林委員会の管理下で保護されている。ウイスキー製造,食品加工などの工業がパースを中心に立地している。低地ではコムギテンサイ飼料作物キイチゴなどの栽培,丘陵部ではヒツジやウシの飼育が盛ん。主産業はサービス業で,北部の山岳地帯を中心とした観光業も重要。面積 5286km2。人口 13万9590(2006推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android