コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーランクー

百科事典マイペディアの解説

パーランクー

沖縄の鋲留(びょうどめ)片面枠太鼓。通常直径約20cm,枠の幅3〜4cm。枠は,開口部にいくにつれて肉厚になり,片手でにぎりやすくなっている。左手で持ち,右手に持ったバチ(長さ約30cm,太さ約1cm)で打つ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のパーランクーの言及

【太鼓】より

…さまざまな太鼓の組合せで知られる民俗芸能には,長野県の〈お諏訪太鼓〉,新潟県佐渡の〈鬼太鼓(おんでこ)〉などがあるほか,各地に〈太鼓踊〉がある。特殊なものに,沖縄で用いられるタンバリン状の片面太鼓である〈パーランクー〉や,青森の〈えんぶり〉などで用いる〈銭太鼓(ぜにだいこ)〉の一種などがあるが,銭太鼓には太鼓類と認められないものまで含められる。 そのほか,戦陣などで,法螺貝などとともに,軍楽器の一つとして用いられるものは,〈陣太鼓(じんだいこ)〉と称し,その種類もさまざまであって,奏法にもいろいろな流派があったが,現在では民俗芸能に遺存するのみである。…

※「パーランクー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

パーランクーの関連キーワード真境名 佳子エイサー

パーランクーの関連情報