コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片手 カタテ

2件 の用語解説(片手の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かた‐て【片手】

片方の手。隻手(せきしゅ)。
相対するものの一方。「舞台の片手
一組みのものの片方。また、一方にだけあること。「手袋の片手
《片手の指の数から》「五〇」「五万」など、五のつく数を示す。「片手におまけしましょう」
二つ以上のことを同時に行うこと。かたてま。
「勧進聖になりてめぐる、その―にあらあら見物せばやとて」〈仮・東海道名所記・一〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かたて【片手】

一方の手。隻手せきしゆ。 「 -でピアノを弾く」 「単語帳-に試験勉強」
相対するものの一方。かたがわ。 「舞台の-」
一方にだけ取っ手のあること。 「 -のなべ」
〔片手の指の数から。商売人などが使う〕 五の数のつく金額。 「 -だけ貸してくれ」
二つのことを同時に行うこと。一方。 「子守-に内職をする」 「提灯ともしや、といふ-に、草履取出し/浮世草子・一代男 1

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

片手の関連情報