コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片手 カタテ

デジタル大辞泉の解説

かた‐て【片手】

片方の手。隻手(せきしゅ)。
相対するものの一方。「舞台の片手
一組みのものの片方。また、一方にだけあること。「手袋の片手
《片手の指の数から》「五〇」「五万」など、五のつく数を示す。「片手におまけしましょう」
二つ以上のことを同時に行うこと。かたてま。
「勧進聖になりてめぐる、その―にあらあら見物せばやとて」〈仮・東海道名所記・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かたて【片手】

一方の手。隻手せきしゆ。 「 -でピアノを弾く」 「単語帳-に試験勉強」
相対するものの一方。かたがわ。 「舞台の-」
一方にだけ取っ手のあること。 「 -のなべ」
〔片手の指の数から。商売人などが使う〕 五の数のつく金額。 「 -だけ貸してくれ」
二つのことを同時に行うこと。一方。 「子守-に内職をする」 「提灯ともしや、といふ-に、草履取出し/浮世草子・一代男 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

片手の関連キーワードメンディングテープ ハンドカッターシングルハンドキャッチシングルレバー混合水栓ハンディースキャナーオープンターンシングルハンドクラッチバッグミルクパン逆シングルワンハンドクアジモト一本背負い片手間仕事手筒・手銃涙片手に銭太鼓踊片手上段片手打ち掴み投げ片手正眼

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

片手の関連情報