片手(読み)カタテ

  • へんしゅ

デジタル大辞泉の解説

片方の手。隻手(せきしゅ)。
相対するものの一方。「舞台の片手
一組みのものの片方。また、一方にだけあること。「手袋の片手
《片手の指の数から》「五〇」「五万」など、五のつく数を示す。「片手におまけしましょう」
二つ以上のことを同時に行うこと。かたてま。
「勧進聖になりてめぐる、その―にあらあら見物せばやとて」〈仮・東海道名所記・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

一方の手。隻手せきしゆ -でピアノを弾く 単語帳-に試験勉強
相対するものの一方。かたがわ。 舞台の-
一方にだけ取っ手のあること。 -のなべ
片手の指の数から。商売人などが使う 五の数のつく金額。 -だけ貸してくれ
二つのことを同時に行うこと。一方。 子守-に内職をする 提灯ともしや、といふ-に、草履取出し/浮世草子・一代男 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 一方の手。手の片方。隻手(せきしゅ)。⇔両手諸手(もろて)
※万葉(8C後)三・四四三「斎瓮(いはひへ)を 前にすゑ置きて 一手(かたて)には 木綿(ゆふ)取り持ち 一手(かたて)には 和細布(にきたへ)(まつ)り」
② あい対するものの片方。一方の相手。相手。
※源氏(1001‐14頃)紅葉賀「源氏中将は、青海波(せいがいは)をぞ舞ひ給ひける。かたてには、大殿の頭の中将」
③ 二つ以上のことを同時に行なうこと。一方。かたわら。片手間。
※仮名草子・東海道名所記(1659‐61頃)一「勧進聖(かんじんひじり)になりてめぐる、そのかた手にあらあら見物せばやとて」
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉長崎遊学「蘭学も漸く方角の分るやうになる其片手(カタテ)に有らん限り先生家の家事を勤めて」
④ (片手の指の数から) 五の数を示す。五十、五百を示すこともあり、隠語的に用いられる。
※雑俳・柳多留‐一二〇(1832)「流石(さすが)命のかなしさに片手出し」
⑤ (二本の矢を一手(ひとて)というのに対して) 一本の矢。片手矢(かたてや)。〔日葡辞書(1603‐04)〕
⑥ 棒術の技の名。
※浄瑠璃・雪女五枚羽子板(1708)下「棒の秘術の水ぐるま、横車腰車かた手輪違」
〘名〙 片方の手。かたて。隻手。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

片手の関連情報