片手(読み)かたて

精選版 日本国語大辞典「片手」の解説

かた‐て【片手】

〘名〙
① 一方の手。手の片方隻手(せきしゅ)。⇔両手諸手(もろて)
※万葉(8C後)三・四四三「斎瓮(いはひへ)を 前にすゑ置きて 一手(かたて)には 木綿(ゆふ)取り持ち 一手(かたて)には 和細布(にきたへ)(まつ)り」
② あい対するものの片方。一方の相手。相手。
※源氏(1001‐14頃)紅葉賀「源氏中将は、青海波(せいがいは)をぞ舞ひ給ひける。かたてには、大殿の頭の中将」
③ 二つ以上のことを同時に行なうこと。一方。かたわら。片手間。
※仮名草子・東海道名所記(1659‐61頃)一「勧進聖(かんじんひじり)になりてめぐる、そのかた手にあらあら見物せばやとて」
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉長崎遊学「蘭学も漸く方角の分るやうになる其片手(カタテ)に有らん限り先生家の家事を勤めて」
④ (片手の指の数から) 五の数を示す。五十、五百を示すこともあり、隠語的に用いられる。
※雑俳・柳多留‐一二〇(1832)「流石(さすが)命のかなしさに片手出し」
⑤ (二本の矢を一手(ひとて)というのに対して) 一本の矢。片手矢(かたてや)。〔日葡辞書(1603‐04)〕
⑥ 棒術の技の名。
※浄瑠璃・雪女五枚羽子板(1708)下「棒の秘術の水ぐるま、横車腰車かた手輪違」

へん‐しゅ【片手】

〘名〙 片方の手。かたて。隻手。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「片手」の解説

かた‐て【片手】

片方の手。隻手(せきしゅ)。
相対するものの一方。「舞台の片手
一組みのものの片方。また、一方にだけあること。「手袋の片手
《片手の指の数から》「五〇」「五万」など、五のつく数を示す。「片手におまけしましょう」
二つ以上のことを同時に行うこと。かたてま。
「勧進聖になりてめぐる、その―にあらあら見物せばやとて」〈仮・東海道名所記・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android