コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒカゲノカズラ科 ヒカゲノカズラかLycopodiaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒカゲノカズラ科
ヒカゲノカズラか
Lycopodiaceae

シダ植物ヒカゲノカズラ目に属し,熱帯を中心に世界に広く分布する。2属 180種ほどを含み,いずれも多年生草本。茎は伸張するか,短く直立する。葉は通常小型で1脈をもち分裂せず,小葉という型の単葉であり,螺旋状または4列に並ぶ。胞子嚢葉腋に単生するか,鱗片葉の腋に生じ,集って胞子嚢穂をつくる。胞子は同形胞子で,粒状突起があり,球形。配偶体は塊状である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヒカゲノカズラ科の関連キーワード高嶺日陰の蔓深山日陰の蔓蝦夷日陰の蔓マンネンスギ細葉峠檜葉細葉峠柴広葉峠芝高嶺杉蔓天鵞絨杉山女老襷谷地杉蘭姫杉蘭狐尾枷狐尻尾日陰蔓虎の尾日陰葛万年杉糸風蘭塔華柴

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android