鱗片葉(読み)りんぺんよう

日本大百科全書(ニッポニカ)「鱗片葉」の解説

鱗片葉
りんぺんよう

低出葉(シュートの下方につくられる)の一つ。膜質の小さな葉であることもあるが、冬芽を覆う小さく硬い葉がもっともよくみられるものである。鱗片葉は、の中の若い普通葉の原基を乾燥や風、雨、雪などから保護する働きをしているとみられる。葉芽、花芽のいずれにもみられるが、なかには、冬芽であっても裸芽(らが)とよばれて、鱗片葉をもたない場合もある(オオカメノキ)。このような芽では、外側の普通葉がやや鱗片葉状となっていることが多い。

[原 襄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「鱗片葉」の解説

りんぺん‐よう〔‐エフ〕【×鱗片葉】

うろこ状に重なる厚い葉。芽を保護する芽鱗りんやタマネギの鱗茎などにみられる。鱗葉。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鱗片葉の言及

【芽】より

… 落葉樹では秋に落葉のあと冬芽が残るので,冬芽は目だつことが多い。冬芽はふつうすでにたくさんの葉をもち,とくに外側を覆う数枚から多数の葉は成熟した鱗片葉(この場合は芽鱗ともいう)となっていることが多い。鱗片葉は小さく硬いことが多く,芽の内方にある若い小さな普通葉の葉原基,あるいは花や花序の原基を冬のあいだ保護する働きをもつ。…

※「鱗片葉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android