ヒックスの楽観主義(読み)ヒックスノラッカンシュギ

デジタル大辞泉「ヒックスの楽観主義」の解説

ヒックス‐の‐らっかんしゅぎ〔‐ラククワンシユギ〕【ヒックスの楽観主義】

個々の政策が一部の人に不利益を与えるとしても、一連の効率化政策を一貫して行うことによって、長期的には全員効用(主観的満足度)が改善されるという見通し。この考え方を示した英国の経済学者ジョン=ヒックスにちなむ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android