コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒッポクラテア Hippocratea

世界大百科事典 第2版の解説

ヒッポクラテア【Hippocratea】

ギリシアの医学者であるヒッポクラテスを記念して命名されたこの属は,ニシキギ科に近縁なヒッポクラテア科をつくる。多くは木本性つる植物で,熱帯域に100種あまりが分布する。葉は単葉で対生あるいは互生する。子房は上位で3室。一部の種,たとえば西インドに分布するヒッポクラテア・コモサH.comosa Sw.(イラスト)の種子は脂肪分があり,甘く食用にされるというが,重要ではない。またヒッポクラテア科は3属150種ほどからなる小さな群であるが,熱帯から亜熱帯に広く分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android