コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒトヨタケ(一夜茸) ヒトヨタケCoprinus atramentarius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒトヨタケ(一夜茸)
ヒトヨタケ
Coprinus atramentarius

担子菌類マツタケ目ヒトヨタケ科。春から秋にかけて,肥沃な土壌の表面に群生する。傘は初め卵形,のちに鐘形または円錐形となる。径5~8cm,表面は白色で鱗被を有し,のちに灰色ないし淡灰褐色となり鱗被を失い放射状の条がみられる。柄は直径 0.8~1.5cm,長さ8~18cm。白色で絹状の光沢を有し,中空でしばしば基部近くに環状の鍔 (つば) をもっている。若いものは食用となる。日本全土,ヨーロッパ北アメリカアフリカ,中国に分布する。近縁種にキララタケ C. micaceus,ササクレヒトヨタケ C. comatus,ネナガヒトヨタケ C. macrorhizusなどがあり,いずれも食用となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒトヨタケ【ヒトヨタケ(一夜茸) Coprinus atramentarius Fr.】

担子菌類ハラタケ目ヒトヨタケ科のキノコイラスト)。成熟するとかさの縁の方から自己消化を起こし,黒インキ状に溶けて直立した茎だけを残す風変りなキノコで,和名は寿命が短いことからついた。ヒトヨタケ科は種類が多いが,ヒトヨタケとササクレヒトヨタケC.comatus (Fr.) S.F.Grayがよくみられる。ヒトヨタケはふつう朽木に生えるが,都市の道路の舗装面を破って発生することもある。地下に埋められた古材から発生するのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報