コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒドコットマナーガーデン ヒドコットマナーガーデンHidcote Manor Garden

1件 の用語解説(ヒドコットマナーガーデンの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ヒドコットマナーガーデン【ヒドコットマナーガーデン】
Hidcote Manor Garden

イギリスのイングランド中部のストラトフォードアポンエイヴォン(Stratford-upon-Avon)からバスで30分ほど、丘陵(きゅうりょう)地帯コッツウォルズ(Cotswolds)地方北端の小さな村チッピングカムデン(Chipping Campden)の北約8km、車で20分ほどの場所にある、イギリスを代表する庭園の一つ。17世紀のマナーハウスを中心に広がる1万6000坪の面積を持つ広大な庭園で、ナショナルトラストが管理している。アメリカの詩人・園芸家のローレンスジョンストン(Lawrence Johnstone)が、1907年から30年あまりの歳月をかけてつくり上げた。イングランド南部ケント州のシシングハーストキャッスルの庭園(Sissinghurst Castle Garden)とともに、代表的なイギリス庭園の一つとして知られている。壁や生垣によって区分された、独自のテーマを持ったルーム(Rooms)と呼ばれるさまざまな庭により構成されている。一年を通じて、さまざまな植物を楽しめる。この庭園は、シシングハースト庭園をつくったハロルド・ニコルソンとヴィタサックル・ウエストが最も愛した庭園といわれ、シシングハースト庭園に大きな影響を与えたといわれる。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone