ヒメシラトリガイ(英語表記)Macoma incongrua

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ヒメシラトリガイ」の解説

ヒメシラトリガイ
Macoma incongrua

軟体動物門二枚貝綱ニッコウガイ科。長 3.5cm,殻高 3cm,殻幅 1.4cm。殻は卵三角形で,左殻は右殻よりふくらむ。前縁は広く丸く,後縁は狭くなり,後背縁に沿ってひだがあり,右方へねじれる。殻表は白色殻頂部は淡橙色,弱い成長脈があり,淡灰黄色の殻皮をかぶる。靭帯は殻頂のうしろに外在し明らかである。内面も白色で殻頂部は淡橙色。殻頂の下に歯があるが,前後側歯を欠く。右殻では外套線は深く彎入し,左殻では直接前筋痕に達する。北海道から九州,また中国,朝鮮半島に広く分布し,内湾の潮間帯から水深 20mの泥底にすむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android