ヒューレット ジョンソン(英語表記)Hewlett Johnson

20世紀西洋人名事典の解説

ヒューレット ジョンソン
Hewlett Johnson


1874 - 1966
英国の司祭。
カンタベリー副監督を経て、英国教会主席司祭となり、共産主義を弁護したことから「赤い僧正」として著名である。1950年度スターリン平和賞を受賞。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ヒューレット ジョンソン

生年月日:1874年1月25日
イギリス国教会聖職者,司祭者
1966年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android