コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒランダル修道院 ヒランダルシュウドウイン

1件 の用語解説(ヒランダル修道院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ヒランダル‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【ヒランダル修道院】

Moni ChelandariouΜονή Χελανδαρίου》ギリシャ北部、ハルキディキ半島にある東方正教会の聖地アトス山修道院。12世紀末、セルビア王国を建てたステファン=ネマニャと、その息子でセルビア正教会の創設者である聖サワにより創設。セルビア正教会に帰属する。「三本手の生神女」と呼ばれる構図の典型的なイコンがあることで知られる。ヒランダリウ修道院

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヒランダル修道院の言及

【ステファン・ネマーニャ】より

…1196年次子ステファン・ネマニッチを後継者に立て,自らは修道士シメオンとなる。アトス山へこもり,末子サバとヒランダル修道院を創建して,中世セルビア文化のセンターにつくりあげた。【田中 一生】。…

※「ヒランダル修道院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒランダル修道院の関連キーワードデモンズデモンズ2

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone