コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒランダル修道院 ヒランダルシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

ヒランダル‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【ヒランダル修道院】

Moni ChelandariouΜονή Χελανδαρίου》ギリシャ北部、ハルキディキ半島にある東方正教会の聖地アトス山の修道院。12世紀末、セルビア王国を建てたステファン=ネマニャと、その息子でセルビア正教会の創設者である聖サワにより創設。セルビア正教会に帰属する。「三本手の生神女」と呼ばれる構図の典型的なイコンがあることで知られる。ヒランダリウ修道院

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヒランダル修道院の言及

【ステファン・ネマーニャ】より

…1196年次子ステファン・ネマニッチを後継者に立て,自らは修道士シメオンとなる。アトス山へこもり,末子サバとヒランダル修道院を創建して,中世セルビア文化のセンターにつくりあげた。【田中 一生】。…

※「ヒランダル修道院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒランダル修道院の関連キーワードハルキディキ半島パイシイパイシー

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android