コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒンズー教 ヒンズーキョウ

デジタル大辞泉の解説

ヒンズー‐きょう〔‐ケウ〕【ヒンズー教】

広義には、インドに発生したすべての宗教をさす。狭義には、バラモン教がインドの民間信仰と融合しつつ、4世紀ごろからしだいに形成されて現在に至る、インドの民族宗教。ヒンドゥー教インド教。→バラモン教

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ヒンズーきょう【ヒンズー教】

インドの土着の信仰・習俗とバラモン教とが融合した民族宗教。狭義の宗教ではなく、社会制度・文化の全般にわたる概念。その原初形態は紀元前1300年頃に発し、前三世紀頃一応の骨格が成立したが、狭義には七~一〇世紀頃にバラモン教の復興という形で発達したものをいう。インド人の大部分はヒンズー教徒。ビシュヌ派とシバ派が有力。インド教。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒンズー教
ひんずーきょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヒンズー教の関連キーワードスリシバスブラマニヤスワミ寺院スリビラマカリアマン寺院ラクシュミーナラヤン寺院ワットマハ―ウマデヴィスリマハマリアマン寺院カイラーサナータル寺院マハーラクシュミー寺院ムンバーデービー寺院スリクリシュナン寺院ジャガンナート寺院ラームラージャ寺院アクシャルダム寺院バガバッドギーターコネスバラム寺院アルジュナ寺院群ダケシュワリ寺院ワットエクプノンクバールスピアンパーバガドゥ山非暴力・不服従

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒンズー教の関連情報