コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民族宗教 みんぞくしゅうきょうethnic religion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

民族宗教
みんぞくしゅうきょう
ethnic religion

宗教学上の分類で,ある特定の民族,人種にのみ信じられている宗教。同一の文化様式を共有する血縁,地縁結合の強固な民族に固有にみられ,未開民族の宗教から展開されたものといえる。通常は,特定の個人としての開祖はなく,民族の成立とともに発生したものとして信奉される。ユダヤ教神道などがこれに属する。仏教キリスト教イスラム教など世界宗教に対置されるが,ときにその境界は分明でないこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みんぞく‐しゅうきょう〔‐シユウケウ〕【民族宗教】

特定の民族によってのみ担われる宗教。その民族の伝統や習慣と深く結びついて成立・存続する。ユダヤ民族のユダヤ教、日本の神道など。→世界宗教

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

民族宗教【みんぞくしゅうきょう】

宗教の分類法の一つ。民族の成立とともに自然発生的に成立し,伝統的に受け継がれている宗教をいう。民族の伝承文化,血縁地縁,風俗習慣などと密接に関連し,特定の教祖はなく,教理よりも儀礼が中心。
→関連項目自然宗教

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の民族宗教の言及

【宗教】より

…まず第1に,特定の地域や民族に根ざした宗教としてゾロアスター教,古代ユダヤ教,ヒンドゥー教,道教,神道などをあげ,それに対して地域や民族の違いを超えてひろがった宗教として仏教,キリスト教,イスラム教などをあげる見方があった。この場合,地域や民族に根ざした前者を民族宗教,それらを超える後者を世界宗教と呼ぶのが一般的であったが,このような二分法は,多神教および汎神教と一神教,原始宗教および部族宗教と高等宗教といった枠組みで諸宗教を分類する方法とも共通していた。しかしこのような諸宗教に関する二分法的な類型化には,〈キリスト教〉対〈非キリスト教〉あるいは〈文明の宗教〉対〈未開の宗教〉といった対立の観念が前提とされており,西欧中心の価値観が横たわっていたことも否定できない。…

※「民族宗教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

民族宗教の関連キーワードクロスカルチャー・マネジメント移民労働者問題[ドイツ]ヨハナン・ベン・ザッカイポリティカルコレクトネスカフカスの火薬庫ジェノサイド条約南スーダン共和国ヘイトスピーチゾロアスター教モザイク国家ヒンドゥー教本地垂迹美術テロとの戦いブキドノン族神道考古学宗教人類学ブードゥー感応精神病バラモン教ヒンズー教

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

民族宗教の関連情報