コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒートシンク ヒート シンク

3件 の用語解説(ヒートシンクの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ヒートシンク

発熱する機器に取り付けられる放熱板。熱伝導性の高いアルミや銅で作られた部品で、発熱量の多いCPUなどの電子回路や機器に装着して、自然冷却によって放熱する。冷却効果を高めるために、空冷ファン組み合わせることもある。CPU用のヒートシンクを特にCPUクーラーと呼ぶ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヒート‐シンク(heat sink)

コンピューターのCPUなどの発熱による誤動作を防止するために、放熱を促す役割をもつ部品。ふつう金属製の板を用い、冷却ファンと併せて利用される。放熱板。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ヒートシンク【heat sink】

コンピューターのCPUチップセットなどの発熱する素子や機器を冷却するための部品。アルミニウムや銅などの熱伝導性が高い材料が用いられ、効率良く放熱するために表面積が大きい形状のものが多い。◇「放熱板」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒートシンクの関連キーワード雨戸ダストシュート長押間柱付け鴨居ブーム放熱板網戸工事膳板まぐさ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒートシンクの関連情報