コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒートシンク ヒート シンク

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ヒートシンク

発熱する機器に取り付けられる放熱板。熱伝導性の高いアルミや銅で作られた部品で、発熱量の多いCPUなどの電子回路や機器に装着して、自然冷却によって放熱する。冷却効果を高めるために、空冷ファンを組み合わせることもある。CPU用のヒートシンクを特にCPUクーラーと呼ぶ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ヒート‐シンク(heat sink)

コンピューターのCPUなどの発熱による誤動作を防止するために、放熱を促す役割をもつ部品。ふつう金属製の板を用い、冷却ファンと併せて利用される。放熱板。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

ヒートシンク【heat sink】

コンピューターのCPUチップセットなどの発熱する素子や機器を冷却するための部品。アルミニウムや銅などの熱伝導性が高い材料が用いられ、効率良く放熱するために表面積が大きい形状のものが多い。◇「放熱板」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

ヒートシンクの関連キーワードIntel DX4ODPOTES/ACS2ヒートスプレッダーリテンションキットコンピューターシリコングリス熱伝導グリースCPUファンファンレス多孔質金属熱暴走温排水

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android