ビオトープ管理士(読み)ビオトープカンリシ

とっさの日本語便利帳の解説

ビオトープ管理士

ビオトープ(Biotope)とは、ドイツ語のbio(生物)とtope(場所)の造語で、多用な動植物が生息できるように復元された空間。このビオトープを持続するための管理技術者がビオトープ管理士。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android