コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビグアナイド剤 ビグアナイドざいbiguanide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビグアナイド剤
ビグアナイドざい
biguanide

フランスで開発された経口血糖降下薬。この薬の血糖降下の仕組みも単純ではないが,主に細胞内の酸素伝達系の酵素の働きを阻害し,細胞が酸素不足となり,嫌気性解糖が促進すると血液のブドウ糖は細胞の中に盛んに取り込まれるようになり (パスツール効果という) 血糖が低下すると考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ビグアナイド剤の関連キーワードフランス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android