コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビシェフラド Vyšehrad

デジタル大辞泉の解説

ビシェフラド(Vyšehrad)

チェコの首都プラハ中心部、市街南部にある城跡。ブルタバ川沿いの丘の上に位置する。チェコ語で「高い城」を意味し、伝説上の王妃リブシェが住んでいたとされる。現在は城址公園として整備され、11世紀の聖ペテロ聖パウロ教会、12世紀初頭の聖マルティン教会のほか、スメタナドボルザークチャペックの眠る墓がある。スメタナの交響詩「我が祖国」の第1楽章「ビシェフラド」の題材としても有名。ビシェフラット。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android