ビシャカパトナム(読み)びしゃかぱとなむ(英語表記)Vishakhapatnam

日本大百科全書(ニッポニカ)「ビシャカパトナム」の解説

ビシャカパトナム
びしゃかぱとなむ
Vishakhapatnam

インド南東部、アンドラ・プラデシュ州北東部のベンガル湾に臨む都市。ビザガパタムともいう。人口96万9608、周辺部を含む人口132万9472(2001)。丘陵性の岬に囲まれた良港で、17世紀にイギリス東インド会社が商館を設置、港湾都市発展の基礎をつくった。この州で産するマンガンや油脂原料を輸出し、また石油精製、造船、化学肥料など近代工業も立地している。ミャンマーの諸港との間には定期船便がある。気温の年較差は4月の28℃と12月の22℃の差で6℃と小さいが、雨期(5~11月)と乾期(12~4月)ははっきりしている。

[福岡義隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android