ビスカチャ(読み)びすかちゃ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビスカチャ
びすかちゃ
plains viscacha
[学]Lagostomus maximus

哺乳(ほにゅう)綱齧歯(げっし)目チンチラ科の動物。パラグアイ南端からアルゼンチン中部のパンパまでの草原に生息し、草や種子を食べる。頭胴長47~66センチメートル、尾長15~20センチメートル、体重は雄で5~8キログラム、雌で2~4キログラム。毛色は、上面は茶色から暗灰色と生息する環境により異なる。下面は柔らかく白色。顔には白黒の横縞(よこじま)がある。頭は大きくずんぐりし、四肢は短く、前後足ともに4指がある。15~30頭が、複数の出入口のあるトンネルを数百平方メートルの広さに掘って、コロニーで生活している。乳頭は胸部の体側に2対あり、妊娠期間は154日で、1産に200グラムの子を1~4頭産む。寿命は10年ほどである。[土屋公幸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のビスカチャの言及

【グリソン】より

…顔,のど,首の下面,四肢は黒色,後頭から首,背,腰の背面と尾は灰色,頭頂から短い耳介と首側を通り前肢の基部に達する顕著な白帯がある。低地から標高1200mまでの森林や疎林に1対または小群ですみ,木の根や岩の下,倒木のうろ,ビスカチャ(チンチラに近縁の齧歯(げつし)類)などが掘った穴などをすみかとする。動作はすばやく,巧みに木に登り,またよく泳ぐ。…

※「ビスカチャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android