コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白黒 シラクラ

4件 の用語解説(白黒の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しら‐くら【白黒】

《「しろくろ」の音変化》とやかく言われる理由。
「へん、そりゃあねえ。そこにかけちゃあ―なし」〈滑・浮世床・初〉

しろ‐くろ【白黒】

[名](スル)
白色と黒色。こくびゃく。
映画や写真などで、画面が白と黒の濃淡だけで表されていること。また、その映画や写真。モノクローム。「白黒テレビ」
物事の是非。善悪。正しいか正しくないか。また、罪がないか罪があるか。「白黒をはっきりさせる」
(「目を白黒させる」の形で)驚いたり苦しんだりする時の目のようすをいう。「餅(もち)がのどにつかえて目を白黒させる」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しらくら【白黒】

〔「しろくろ」の転〕
よい事と悪い事がまざっていること。いいかげんなこと。うらおもて。 「そこにかけちやあ-なし(=正直ナモノダ)/滑稽本・浮世床

しろくろ【白黒】

( 名 ) スル
[0] 白と黒。
[0] 写真・映画・テレビなどで、白と黒の濃淡だけで画像が表されているもの。モノクローム。
[1] (「目を白黒させる」の形で)目を白目にしたり黒目にしたりして驚きあるいは苦しむさま。
[1] 物事の是非。善悪・正邪。無罪と有罪。 「 -を争う」 「 -をつける」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白黒の関連情報