コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白黒 シラクラ

デジタル大辞泉の解説

しら‐くら【白黒】

《「しろくろ」の音変化》とやかく言われる理由。
「へん、そりゃあねえ。そこにかけちゃあ―なし」〈滑・浮世床・初〉

しろ‐くろ【白黒】

[名](スル)
白色と黒色。こくびゃく。
映画や写真などで、画面が白と黒の濃淡だけで表されていること。また、その映画や写真。モノクローム。「白黒テレビ」
物事の是非。善悪。正しいか正しくないか。また、罪がないか罪があるか。「白黒をはっきりさせる」
(「目を白黒させる」の形で)驚いたり苦しんだりする時の目のようすをいう。「餅(もち)がのどにつかえて目を白黒させる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

白黒

金魚の体色の名。白と黒の二色柄で、三色から稀に出現する。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しらくら【白黒】

〔「しろくろ」の転〕
よい事と悪い事がまざっていること。いいかげんなこと。うらおもて。 「そこにかけちやあ-なし(=正直ナモノダ)/滑稽本・浮世床

しろくろ【白黒】

( 名 ) スル
[0] 白と黒。
[0] 写真・映画・テレビなどで、白と黒の濃淡だけで画像が表されているもの。モノクローム。
[1] (「目を白黒させる」の形で)目を白目にしたり黒目にしたりして驚きあるいは苦しむさま。
[1] 物事の是非。善悪・正邪。無罪と有罪。 「 -を争う」 「 -をつける」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

白黒の関連キーワードフランセ・ブラン・エ・ノワールコンパチブルカラー方式ブラジリアン・テリアイメージオルシコンアメリカ アメリカ純金のキャデラック陰線(いんせん)B.W.,B/Wパンクロマチックカラリゼーション陽線(ようせん)傷だらけの栄光よろめき珍道中麗しのサブリナRCA[会社]モノクローム黒白をつける狂った一頁純愛の誓い天然色映画

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白黒の関連情報