ビディヤーパティ(英語表記)Vidyāpati

世界大百科事典 第2版の解説

ビディヤーパティ【Vidyāpati】

14~15世紀,北東インドのミティラー地方の詩人。自作の断片的な叙述によると,1380年にバラモンの家に生まれ,幼いころから父に従ってガネーシュワル王の宮廷に出仕,1424年に没したとされるが,定かでない部分が多い。ビディヤーパティの作品には,シバ信仰とビシュヌ信仰の両方にわたること,古典語たるサンスクリットと近代語の古層のアワハットの両方による著作があることなど,文化的な変動期の時代背景が色濃く反映している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のビディヤーパティの言及

【インド文学】より

…ラーマ信仰の作品では,トゥルシーダースの叙事詩《ラーム・チャリット・マーナス》,ナーバーダースの《バクト・マール(熱烈信仰者列伝)》(16世紀末)などが今日なお親しまれている。クリシュナ信仰の主要作品には,ビディヤーパティの《パダーワリー(賛歌集)》,スールダースの《スール・サーガル》,ミーラー・バーイーの《パダーワリー》(16世紀)などがある。ラーマ信仰文学もクリシュナ信仰文学も,それぞれの教団・教派の僧の手になるものが多いが,世俗の信徒の寄与も大きい。…

※「ビディヤーパティ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android