コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビラヌフ宮殿 ビラヌフキュウデン

デジタル大辞泉の解説

ビラヌフ‐きゅうでん【ビラヌフ宮殿】

Pałac w Wilanowie》ポーランドの首都ワルシャワ南郊にあるバロック様式の宮殿。17世紀末、ポーランド王ヤン3世の夏の離宮として建造。現在は調度品や美術品などを展示する博物館になっている。フランス風の美しい庭園があることでも知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android