コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビラネラ ビラネラvillanella

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビラネラ
villanella

楽曲の一形式。「田舎歌」を意味する。単純なホモフォニックなスタイルをもつ3声部の歌曲で,入念なポリフォニックなスタイルのマドリガルに対する反動として 16~17世紀初頭に栄えた。その後 P.ボアイエと J.ブルミエによって 19世紀に復興され,イギリスでも W.ヘンリー,A.ドブソンらによって多くの曲が作られた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のビラネラの言及

【イタリア音楽】より

…サン・マルコではまた,オルガン音楽の発展にも見るべきものがあった。イタリア各地の宮廷では,音の粋を尽くしたマドリガーレ(14世紀のものとは性質が異なる)や,軽快なビラネラ,バレットなどが楽しまれた。L.マレンツィオ,C.ジェズアルドやモンテベルディらは,マドリガーレの代表的な作曲家である。…

※「ビラネラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビラネラの関連キーワードマレンツィオイタリア音楽モーリッツ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android