コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビンド Bhind

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビンド
Bhind

インド中部,マディヤプラデーシュ州北部の都市。グワリオル東北東約 35km,ジャムナ川沿岸平野に位置。ラージプートの一藩王国の首都であったが,18世紀にマラータ同盟のシンディア家の支配下に入った。コムギ綿花,雑穀類などを集散し,綿花加工が行われる。人口 10万 9731 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ビンドの関連キーワードゴーシュ(Aurobindo Ghosh)エイビンド・O.V. ユーンソンオックスフォードシャー県アングロ・サクソン年代記ベールオブホワイトホースフレデリック マルテルイーシュバラクリシュナオーロビンド ゴーシュD.C.R. ダースシグリヨウンスソンイビンドゥ国立公園チャンドラグプタポンディシェリースウェーデン文学ダルマキールティバークラー・ダムメースフィールドケイティ ホフブリンダーバンリチャードソン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android