コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピサのドゥオーモ ピサのドゥオーモ

世界の観光地名がわかる事典の解説

ピサのドゥオーモ【ピサのドゥオーモ】

イタリア中部のトスカーナ地方の都市ピサ(Pisa)にある、ロマネスク様式のドゥオーモ(大聖堂)。世界的に有名なピサの斜塔は、この大聖堂の鐘楼(しょうろう)で、すぐ脇に建っている。1063年、当時都市国家だったピサがパレルモ沖でサラセンの艦隊に勝利したことを記念して建設が始まったとされる。建物内部には、ガリレオ・ガリレイがその揺れているのを見て振り子等時性を発見したと伝わるランプや、14世紀初めのイタリアゴシック様式を代表する彫刻として知られるジョバンニ・ピサーノの説教壇、聖ラニエリとハインリヒ7世の墓所などがある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

ピサのドゥオーモの関連キーワードハインリヒ斜塔

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android