ピンウールィンマーケット

世界の観光地名がわかる事典の解説

ピンウールィンマーケット【ピンウールィンマーケット】

ミャンマーの中央部、同国第2の都市マンダレーから約70km離れた高原の町ピンウールィン(標高1100m)中心部の時計塔近くで開かれている市。ピンウールィンは、かつては「メイヨー」と呼ばれていた町で、植民地時代にはイギリス人の避暑地となっていたため、ヨーロッパの田舎町の雰囲気が残っている。マーケットでは、町の周辺で収穫した農産物や、インド、中国、タイなどから輸入された布地や日用品を売る露店が立ち並び賑わっている。◇現地名は「Pyin Oo Lwin-Maymyo Market」。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android