コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピンウールィンマーケット ピンウールィンマーケット

1件 の用語解説(ピンウールィンマーケットの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ピンウールィンマーケット【ピンウールィンマーケット】

ミャンマーの中央部、同国第2の都市マンダレーから約70km離れた高原の町ピンウールィン(標高1100m)中心部の時計塔近くで開かれている市。ピンウールィンは、かつては「メイヨー」と呼ばれていた町で、植民地時代にはイギリス人の避暑地となっていたため、ヨーロッパの田舎町の雰囲気が残っている。マーケットでは、町の周辺で収穫した農産物や、インド、中国、タイなどから輸入された布地や日用品を売る露店が立ち並び賑わっている。◇現地名は「Pyin Oo Lwin-Maymyo Market」。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピンウールィンマーケットの関連キーワードピンマナマンダレーミャンマーセンターマークОшミャンマーのサイクロン被害ミャンマーの少数民族と武装勢力ミャンマーのゾウ在日ミャンマー人ミャンマーの少数民族

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone