コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピンポン伝送方式

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ピンポン伝送方式

ISDNでは64kbpsのBチャネル2本と16kbpsのDチャネル1本がサポートされているが、これに制御用信号を加えると計160kbpsの伝送速度が必要となる。電話局と加入者宅間では全二重で双方向に160kbpsのデータ伝送を行なわなければならないため、日本のISDNでは1対の銅線上でピンポン伝送と呼ばれる方式を使って通信をしている。この方式では、送信ビットレートを約2倍の320kbpsに高速化(時間軸圧縮)して半分の時間で送信できるようし、電話局と加入者宅から交互にデータを送っている。これを卓球の球が交互にやりとりする様にたとえ、ピンポン伝送方式と呼ぶ。正確には、時分割制御伝送方式(TCM、Time Compress Multiplexing)という。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ピンポンでんそう‐ほうしき〔‐ハウシキ〕【ピンポン伝送方式】

ping-pong transmission system》デジタル信号の伝送方式の一。送信するパルスを時間的に圧縮し、空き時間を使って反対方向からのパルスを受信する。時分割制御伝送方式。TCM。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ピンポン伝送方式の関連キーワードエコーキャンセラ方式STM時間軸圧縮多重

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android