コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピンポン伝送方式

2件 の用語解説(ピンポン伝送方式の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ピンポン伝送方式

ISDNでは64kbpsのBチャネル2本と16kbpsのDチャネル1本がサポートされているが、これに制御用信号を加えると計160kbpsの伝送速度が必要となる。電話局と加入者宅間では全二重で双方向に160kbpsのデータ伝送を行なわなければならないため、日本のISDNでは1対の銅線上でピンポン伝送と呼ばれる方式を使って通信をしている。この方式では、送信ビットレートを約2倍の320kbpsに高速化(時間軸圧縮)して半分の時間で送信できるようし、電話局と加入者宅から交互にデータを送っている。これを卓球の球が交互にやりとりする様にたとえ、ピンポン伝送方式と呼ぶ。正確には、時分割制御伝送方式(TCM、Time Compress Multiplexing)という。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

ピンポン伝送方式の関連キーワードISDNMultilink PPPATM交換システムISDN TA64kデータ通信PRIBRIブロードバンドADSLニューメディア

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone