コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピーツーピー P2P

大辞林 第三版の解説

ピーツーピー【P2P】

〖peer-to-peer〗
ネットワークに接続された複数のコンピューターのうち、任意の 1 対 1 が対等な接続状態にあること。また、それを利用した技術やアプリケーション-ソフトウエア。処理能力やファイルなどのネットワーク上の情報資源を対等な立場で共有する。ピア-ツー-ピア。 〔単一のサーバーに、複数のクライアントが処理を要求するような接続状態に対比される。peer は同等の人の意〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ピーツーピーの関連キーワードAdobe Photoshopダイレクト・マーケティングP2VマイグレーションV2Pマイグレーションラムゼー キャンベルBitTorrentオプストフェルダー栄養診断(人間)PowerPC量子宇宙干渉機サモエード語派赤翅長柄隠翅虫パワーツーガスネットワークビットコインプトラナ平原杉黒星介殻虫P2PソフトP to Pラズウェル

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android