コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピーツーピー P2P

2件 の用語解説(ピーツーピーの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ピーツーピー【P2P】

〖peer-to-peer〗
ネットワークに接続された複数のコンピューターのうち、任意の 1 対 1 が対等な接続状態にあること。また、それを利用した技術やアプリケーション-ソフトウエア。処理能力やファイルなどのネットワーク上の情報資源を対等な立場で共有する。ピア-ツー-ピア。 〔単一のサーバーに、複数のクライアントが処理を要求するような接続状態に対比される。peer は同等の人の意〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ピーツーピー【P to P】

ピアツーピア。◇「peer to peer」から。「P2P」とも書く。また、「ピートゥーピー」ともいう。⇒ピアツーピア

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピーツーピーの関連キーワードPeer to peerピアツーピアネーピアルピアsilverpiaピアカウンセラーレスターBピアソンピアツーピアネットワークピアレビュースコーピアスの謎

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone