ファイヤーウォール

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ファイヤーウォール

インターネットから社内のネットワークへの不正な侵入を防ぐための仕組み。建築の「防火壁」から転用された言葉。ソフトウェア、または専用のハードウェアで提供されている。ネットワークのパケットを監視し、適用したルールに基づいて正当な通信のみを行えるようにする一方、不正な動きを遮断できる。外部から内部への侵入を監視・遮断するだけでなく、情報漏えいを防ぐため、内部から外部への通信も監視することが多い。Windows XP以降には、個人用のファイヤーウォールが標準で組み込まれている。ファイヤーウォールの方式としては、IPヘッダーに含まれている情報を元に通信を制御するパケットフィルタリング、アプリケーションからの操作を中継するアプリケーション・ゲートウェイ、各層からの情報を基に作ったテーブルをベースにセッション単位でフィルタリングするステートフル・パケット・インスペクションなどがある。最近ではVPNの機能を搭載した製品もある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典内のファイヤーウォールの言及

【情報セキュリティ】より

… 情報の破壊や盗み,あるいは改竄のために,ネットワークの盗聴を行ったり,あるいは,なりすましを行い相手を錯誤させ情報を入手,あるいは正しくない情報を与えるような方法がある。 不正アクセスを防ぐ技術として,ファイヤーウォールなどのシステム防御手法を導入しセキュリティを高める,より安全なパスワード認証方法を用いる,データへのディジタル署名や暗号化を行いデータ自体を保護するといったものがあげられる。また,運用面からも対策が必要である。…

※「ファイヤーウォール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android