コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファインダー視野率(読み)ファインダーシヤリツ

カメラマン写真用語辞典の解説

ファインダー視野率

 ファインダー内に見える範囲と、実際に記録される範囲との比率を指す言葉。記録される範囲とは、 35mmフィルムカメラ なら36×24mmの露光範囲。デジタルカメラなら撮像素子の記録画素のこと。  視野率100%であればファインダー内で見えている範囲と記録された写真の範囲との間に差はない。が、たとえば80%だとすると、ファインダーで見えているのは、実際に記録される範囲の80%でしかないということを意味する。撮影時にしっかり フレーミング したつもりなのに写真の端に余計なものが写っていた、というのはこの視野率のせい。  一般にプロ用一眼レフカメラでは100%が多く、コンシューマー向け一眼レフカメラでは約96~98%が一般的。コンパクトカメラではさらに低い。視野率は、対角線で示す場合と、上下・左右それぞれで示す場合がある。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android