コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファインダー視野率 ファインダーシヤリツ

2件 の用語解説(ファインダー視野率の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ファインダー‐しやりつ【ファインダー視野率】

視野率

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

ファインダー視野率

 ファインダー内に見える範囲と、実際に記録される範囲との比率を指す言葉。記録される範囲とは、 35mmフィルムカメラ なら36×24mmの露光範囲。デジタルカメラなら撮像素子の記録画素のこと。  視野率100%であればファインダー内で見えている範囲と記録された写真の範囲との間に差はない。が、たとえば80%だとすると、ファインダーで見えているのは、実際に記録される範囲の80%でしかないということを意味する。撮影時にしっかり フレーミング したつもりなのに写真の端に余計なものが写っていた、というのはこの視野率のせい。  一般にプロ用一眼レフカメラでは100%が多く、コンシューマー向け一眼レフカメラでは約96~98%が一般的。コンパクトカメラではさらに低い。視野率は、対角線で示す場合と、上下・左右それぞれで示す場合がある。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

ファインダー視野率の関連キーワードファインダー視野率バックファイアレンジファインダーフレーミング電子ビューファインダー電子ファインダーノーファインダーユニバーサルファインダー光学ファインダー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ファインダー視野率の関連情報