ファインダー視野率(読み)ふあいんたあしやりつ,ふぁいんだーしやりつ

  • ファインダーしやりつ

カメラマン写真用語辞典の解説

 ファインダー内に見える範囲と、実際に記録される範囲との比率を指す言葉。記録される範囲とは、 35mmフィルムカメラ なら36×24mmの露光範囲。デジタルカメラなら撮像素子の記録画素のこと。  視野率100%であればファインダー内で見えている範囲と記録された写真の範囲との間に差はない。が、たとえば80%だとすると、ファインダーで見えているのは、実際に記録される範囲の80%でしかないということを意味する。撮影時にしっかり フレーミング したつもりなのに写真のに余計なものが写っていた、というのはこの視野率のせい。  一般にプロ用一眼レフカメラでは100%が多く、コンシューマー向け一眼レフカメラでは約96~98%が一般的。コンパクトカメラではさらに低い。視野率は、対角線で示す場合と、上下・左右それぞれで示す場合がある。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android