コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

視野率 しやりつ

4件 の用語解説(視野率の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

視野率

レンズがとらえる画像のうち、どの程度がファインダの視野内に入るかという割合。カメラのファインダから見える領域は、正確なフレーミング(撮影範囲決定)のために撮影時の画面と一致するのが望ましいが、実際は多少狭くなっている。単位は%で表わす。コンパクトカメラでは80%以下、一眼レフカメラで90~100%程度である。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

視野率

ある地点から特定の場所を見た際にどの程度まで視野に入るかを表す割合。一般的にカメラレンズの性能を表す指標に用いられる。長野市芸術館では、着席時の目線の高さを1・1メートルとして「客席から音響反射板を設けた舞台床面の見える割合」を示した。

(2016-04-29 朝日新聞 朝刊 長野東北信・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しや‐りつ【視野率】

カメラで、実際に撮影される範囲に対する、ファインダーを通して見える範囲の比率。一眼レフカメラの高級機種の多くは100パーセント、入門者から中級者向けの機種では90~97パーセント程度。ファインダー視野率

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

視野率

 ファインダーから見える範囲と、実際にフィルムに写る範囲の比率のこと。一眼レフカメラでは一部のプロ用機種が100%を達成している以外は90~97%程度。仕上がりを見て、記憶した以上に周囲が写り込んでいると思うのはこのため。レンジファインダーカメラやコンパクトカメラでは、ファインダー内の視野枠の範囲内で表し、通常70~80%前後となっている。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

視野率の関連キーワードファインダーレンジファインダーフレーミングアイポイント電子ビューファインダー電子ファインダーノーファインダーユニバーサルファインダー光学ファインダーファインダー視野率

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

視野率の関連情報