コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファクシミリ放送 ファクシミリほうそう facsimile broadcasting

2件 の用語解説(ファクシミリ放送の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファクシミリ放送
ファクシミリほうそう
facsimile broadcasting

テレビの音声電波のすき間に,文字や図形などの信号を多重し,家庭のファクシミリ受信機のプリンタにより紙に記録するサービステレビの放送を補完するために,たとえば料理番組での材料表,天気予報での天気図,音楽番組での楽譜,教育番組でのテキストなどの利用のほかに,電子新聞のような独立利用も考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ファクシミリ‐ほうそう〔‐ハウソウ〕【ファクシミリ放送】

facsimile broadcastingファクシミリを利用した放送。テレビ放送音声信号帯域にファクシミリ信号を多重化して伝送し、新聞などの文書や図形情報を提供するサービス。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のファクシミリ放送の言及

【ニューメディア】より

… 1984年9月から電電公社(現,日本電信電話株式会社)が東京の三鷹,武蔵野で実験を開始した光ファイバーによるディジタル通信網INS(Informahon Network System)〈高度情報通信システム〉,11月から同じく電電公社が回線とシステムを,民間491社が情報ソフトを提供して実用サービスを開始したキャプテン・システムは,ニューメディア・ブームの具体的なモデルケースとして大々的に宣伝された。当時の〈ニューメディア構想〉では,1990年代に,INSの全国ネットワーク,無線系の直接衛星放送,高品位テレビ放送,文字多重放送,ファクシミリ放送,静止画放送,有線系のCATV,ビデオテックス(キャプテン),VRS(画像応答システム),テレビ電話,ファクシミリ通信,さらには個別のパソコンやビデオの出力に至るさまざまな情報・通信経路が,1台の端末(テレビ受像器)に統合されるはずであった。しかし,ディジタル通信の普及に関しては,笛吹けど踊らずの状態が長く続き,INSは,やがて人知れず消えていった。…

※「ファクシミリ放送」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ファクシミリ放送の関連キーワードランダムスキャン多重放送テロップ人文字文字放送音声電流TVプリンターテレライティングフルチャンネルテレテキスト彫込む

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone