コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファザーリー al‐Fazārī

世界大百科事典 第2版の解説

ファザーリー【al‐Fazārī】

8世紀後半のアラブの天文学者。生没年は不詳。バグダードで活躍し,アッバース朝のカリフマンスール(在位754‐775)に仕えた。当時この宮廷を訪れていたインド人天文学者とともに,インドの天文学書(おそらく《ブラーフマスプタ・シッダーンタ》)をアラビア語に翻訳した。訳書は現存しないが,《シンドヒンド・ジージュ》と名づけられ,初期のアラビア天文学に大きな影響を与えた。次の世紀にはギリシア天文学の伝統が主流となったが,インド的要素はその後も残った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報